幼稚園TOP

  • こちらからメールでお問い合わせができます
  • 株式会社アネビーは昭和50年の創業以来、
    全国のこどもたちに安心して楽しんでもらえる遊具を
    設置してきました。このサイトでは実際に設置をしたごく一部を写真とともにご紹介いたしております。

幼稚園

事例-06「遊びが次々生まれる創造空間」―大森みのり幼稚園

 
 

大森みのり幼稚園  始めは大人が手を広げたくらいの範囲で、山砂の砂場に溝や穴を掘っていた子ども達。

ガチャポンプ設置をきっかけに、出した水が子ども達の掘った穴に溜まり、「池」ができるようになりました。次第に園庭からは「池を4つつなげよう!」「女の子の池つくろう!」といった声が聞こえるように...

 

事例-05「エコロジカルな遊具」―武蔵野大学附属幼稚園

 
 

武蔵野大学附属幼稚園  夏休み明け、久しぶりに登園した子ども達が、 新しく生まれ変わった遊び場をぐるりと囲みました。主事の井上先生が、子ども達に遊び場を説明。 そびえ立つ松をくるりと取り囲んだ リニューアル木製遊具に早速登り、 下の子ども達に呼びかけます。

「ここは井上先生がごはんを食べたり、寝たりするところだからみんなは遊んじゃだめだよ。」


 

事例-04「こども達の「動きたい!」の思いを満たす室内空間」―大森みのり幼稚園

 
 

 大森みのり幼稚園の新しいプレイ空間「スタールーム」は、室内にぐるりと遊具を巡らせ立体的な遊び場を設けています。壁面を活用することで、子どもの行動と遊びの場を広げ、クライミング、雲梯、トンネル、ネット等で、おもいきり体を使う動的な遊び場と、ごっこ遊びやゲームをする静的な遊び場をつくり、メリハリのある空間を生みだしています。


 

事例-03「今あるものを生かした自然溢れる園庭」-アソカ幼稚園(福岡県)

 
 

 もともと緑が多く、大きな木、植物、ビオトープ、 園の思い入れの深い遊具がある園庭でしたが、 既存遊具は老朽化が進み対応が急務でした。 そこで、撤去が必要なものだけを撤去し、 利用可能なものはメンテナンスを行い再利用しました。 今あるものを「活かし」、自然と調和した園庭が実現しました。


 

事例-02「ランドスケープ」-大森みのり幼稚園様(2)(東京都大田区)

 
 

 「既存遊具のリニューアル」(クリックで記事へジャンプします)以外にも大森みのり幼稚園様では、ランドスケープ・デザインを行い、木のぬくもり感じられる園庭づくりを行っています。 また用途・年齢・レベルに応じたゾーニング(*)を行い園庭をより活用できるような工夫を行っています。


 

事例-01「鉄製遊具のリニューアル」―大森みのり幼稚園(1)(東京都大田区)

 
 

 閑静な住宅街に位置し、開園から50 年以上の歴史を持った幼稚園は、地域に根ざした幼児教育を行い、今では卒園生のお子さんのお孫さんまで、二世代、三世代に渡って通う伝統ある園です。大森みのり幼稚園では、こども達が自分でやりたいことを見つけて遊ぶことができるように園庭で想像力や創造力を育みます。